沿革

1979年4月1日
  広告宣伝の企画・立案、デザイン、制作を開始。
1982年3月    スクリーン印刷事業部開始。紙以外にも木、金属、プラスチックほか、特殊印刷部門の業務拡大をはかる。
1986年9月   パッド印刷機導入。凹凸面の特殊印刷を開始。
1990年5月   POP制作センター、スーパーマーケットなどのPOP制作、デリバリー業務を開始。
1994年2月   株式会社 飯田スタジオとして登記。
1995年7月   各種売場販促物・POP掲出用のケース、器具の開発・販売業務開始。
1996年7月   大型プリンティングテーブル導入により、大型スクリーン印刷が可能になる。
2000年9月   営業所社屋新築により効率化・量産拡大をはかる。
2006年5月   ホットスタンプ(箔押)加工、焼付加工開始。
2007年4月   大型ホットラミネート加工機、大型コールドラミネート加工機、PP加工機導入。量産拡大をはかる。
2008年5月   オンデマンド印刷(POD)によりバリアブル印刷(可変印刷)開始。
2008年6月   販促支援事業(エリアマーケティング)開始。
2008年6月   シール封緘機導入によりDM、カタログ発送のコスト削減をはかる。
2008年9月   大型オンデマンド印刷機導入により、印刷物の小ロット、低コスト、スピーディーな仕上がりを実現。
2009年10月   ウェブ事業部を設置。インターネット部門の強化、またウェブサービス「特撰本創り」「ゲッターロゴ」の運営を開始する。
2010年2月   簡易ハードカバー製本システムを導入。
2010年8月   イメージバリアブル加工システムを導入。
2011年4月   南信州発信の写真投稿専門フリーマガジン「フォトコミュニティー 写真刊」創刊。

 

〈 基本方針・会社概要 | 沿革 | 交通アクセス 〉